【1日3分★Beauty講座】印象をグッと変えるプロ直伝㊙︎ワザ!”10年後の自分に差をつける”美人度UPマッサージ〈フェイスケア〉

フェイスケアをする女性 スキンケア

最近、顔のたるみや疲れが気になりませんか?

それは毎日の習慣を見直す合図かもしれません。「1日3分のひと手間」で出来るフェイスケアを続けて、10年後も変わらない上向き肌を目指しましょう!

フェイスケアを教えてくれたのは・・・

監修/ビューティーアドバイザー
川浦 亜純さん

監修/ビューティーアドバイザー川浦 亜純さん

国内のSpaを初めオーストラリア・メルボルンやシドニーのSpa経験を積み、現在は銀座のエステ店長として活躍。

フェイシャルはもちろんボディメイクのあらゆる悩みも解決するプロフェッショナル。

【マッサージ1】フェイスラインを美しく

芸能人と一般人の違いは、ズバリ「姿勢」と「フェイスライン」。
とくにフェイスラインが整うと一気に垢抜け、美人度が増します。毎日のマッサージで、もたつきのないクッキリとしたフェイスラインを目指しましょう。

※マッサージをする際は必ずオイルやクリームをご使用ください

耳下まで流す
両手をパーにしたら親指と人差し指でL字を作り、輪郭を挟んで頬のラインに沿って矢印の方向に流します。耳下のあたりがゴリッとする方はその部分もしっかり流すとgood!

矢印
輪郭の筋肉をゴリゴリほぐす

輪郭の筋肉をゴリゴリほぐす
グーにした手の人差し指と中指のみをカギ状に立てて、輪郭に合わせて挟みましょう。耳下をめがけて筋肉をゴリゴリとほぐしてください。最後は輪郭を挟んだまま、アゴ下から耳下までスーっと流します。

矢印
アゴ下プッシュ&ゴリゴリほぐす

アゴ下プッシュ&ゴリゴリほぐす
👍親指を立てたらアゴの下に入れ込み、曲げた人差し指とともにアゴを挟みましょう。両親指でアゴ下の筋肉をプッシュしたあと、上下に動かしてゴリゴリとほぐします。アゴの外側も同じように、曲げた人差し指でほぐせばOK!

【マッサージ2】首と鎖骨を美しく

首と鎖骨のラインが美しいと顔がグッと小さく見えますが、現代人はPCやスマホの使用によりストレートネックになりがち。

凝りを放置すると肩が盛り上がり、首が埋もれてしまいます。
定期的にほぐして小さな顔を手に入れましょう。

胸鎖乳突筋を優しく&グリグリほぐす
顔を横に向けたときに、鎖骨の中央から耳の裏あたりまで伸びる筋のような筋肉(胸鎖乳突筋)は凝りやすいところ。凝りを取ると筋肉がクッキリと出て美しいです。4指でとらえてゆらゆら優しくほぐしたあと、つまんでグリグリとほぐしましょう。顔を向けた方の手を使うとgood!

矢印
僧帽筋をつまんでゴリゴリ揺らす

僧帽筋をつまんでゴリゴリ揺らす
肩コリが強いと、首の後ろや肩〜背中まで広がる僧帽筋がもり上がり、ガンダムのような肩になってしまいます。力まずにリラックスし、肩を奥からつまんでゴリゴリと揺らしましょう。

矢印

リンパを優しくプッシュ→離す&さすって流す
鎖骨の上のくぼんでいる部分に4指を入れ込み、優しく3秒プッシュしたら一気に指を離します。そのあとは首からプッシュした部分へめがけて流し、最後は鎖骨の上から脇の下に流せば終了です。

1日3分のひと手間で10年後の自分に差をつけよう

いかがでしたでしょうか?
フェイスラインと首、そして鎖骨をクッキリさせることで美人度が増します。

最初はゴリっと感じる方も多いと思いますが、凝りをほぐす事で美しくなれる可能性があると思うとワクワクしますよね。
毎日3分間を続けて、10年後も変わらない上向き肌を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました